Best Buy Outdoor

水中カメラどれにするか悩みに悩んだ結果

こんにちは
コロナで人混みを避けて生活しているHirowです。

夏といえば海!
ビーチと言えば人混みをイメージしがちですが、ビーチだけが海じゃないですよね^^

シュノーケルやスキューバダイビングするのも海遊びの一つです。

そこで今回は、水中で使うカメラについて悩みに悩んだカメラ達を紹介します。

ニコン COOLPIX W300

まずはニコンのW300

こいつの魅力は特別なハウジングに入れなくても防水が30mもあること。


マクロ性能は1cmと値段から考えてかなりのスペックだと思う。
動画も4Kで撮影できるため最後まで悩みまくった対抗馬がこのW300だった。

動画じゃなくて写真をきれいに撮りたいなら、値段が魅力の機種である。

実際写真をメインというか動画を撮りたかったので今回は見送り。

自分がどんな風に使いたいかを明確にイメージしたほうが、機種を絞り込みやすいだろう。

オリンパス Tough TG-6

続いてTG-6

多くのダイバーから支持されているTGシリーズの現行型。

動画性能、写真性能、接写性能、かなり高いスペックとなっているが、防水機能自体は専用ハウジングありきなので、値段が跳ね上がってしまう。
年に何本も潜る人や、自分の趣味がダイビングであり、金銭的な余力があればぜひお勧めな機種である。

実際のところ、体験ダイブ等で12m程度潜るプランだとしても、メーカーの謳う15m防水を持っていくのは心もとない。
結局ハウジングを買うとなると、他にお金のパワーバランスを振りたいところである。

言い訳になるけど、手が出ないので断念^^;

本当は欲しいよ。
だけど、そのお金があったら、ダイビング何本か余分に潜りたいっていうのが正直なところ。
撮影機材はあくまでも、補助的な機材であって。
「思い出を残すのは、自分の目で見ることが一番大事なんだ」

という言い訳。(泣

ちなみに防水ハウジングだけで3万以上する。


唯一無二のカメラなので、参考に見てみるのもいいかもしれない。

売却でもそれなりに価値がつくはずなので、新モデルが出ても買い替えがききそう。

GoPro HERO8 Black 

最後に私の買った、GoPro HERO8 Black

これは言わずと知れた「ゴープロ」


写真性能はまあまあ、だけど結局は動画で残したいじゃん。という人向け。
ということで動画性能に的を絞ってみてみたときに、まずハウジングが安いし、フィルターやその他のアクセサリーが非常に多く揃っている。
光量が確保できればとても綺麗な動画が撮れる。

これが実際の動画を切り取った写真。
曇り 2.7K/60f で、水深12m 赤フィルターを着けている。

水面付近では赤フィルターが強く出る。

10m程度潜ると非常に綺麗な映像になる。

カクレクマノミを撮ってみた。
接写とまではいかないが、イソギンチャク全体を撮りつつ動画として納めるのであれば十分綺麗に撮れてると思う。

他の迷ったカメラは実際に撮ってみることは出来ないわけだけど、本当に買ってよかったと思うし、思い出が残せるのは素晴らしいことだと思う。

後でPCで確認して感じるのは、画角が広いということが、こんなに違うことだということ。
本来は、撮るのが目的ではないはず。

アクティビティに持っていくだけで撮るのに集中しなくても、撮りたいものが収まっているという点が素晴らしい。
1分くらい録画を続けると、画面がOFFになるになるんだけど、別にどこ撮ってるか全然気にしなくていい。

カメラを持つとついつい「撮る気」になりがちだけど
海の中の音、生物の動き、一緒に行った仲間の表情を感じることに集中できる。

そして、GoProを選ぶキッカケとして、ダイビング以外の場面でも活躍するだろうし、老舗だけあって、モデルチェンジ毎に買い替えても、十分な金額で売却することもできるっていうのも魅力かな。

 

水中でカメラを使うのって、一口に同じに聞こえるけど、目的や使い方で全然違う物を買うことになると思う。

私は今回流行りのアクションカムに行きついてしまったわけだけど、なぜ流行っているのか納得するしかない、という結果になったw

 

皆さんも大切な思い出を残すカメラ、じっくり選んでみてください。

 

-Best Buy, Outdoor

© 2020 Hirow Powered by AFFINGER5