DIY

Nikon D5600用互換バッテリー(EN-EL14a)動作確認&レビュー

こんにちは
連日の投稿になりますが、先日Amazonで買った「EN-EL14a互換バッテリー」が届きましたので、早速レビューしていきます。

購入にあたって色々と情報収集をしていましたが、有力な情報は得られず。。
動作確認できた、できない等の情報があやふや。
すぐ壊れる。
バッテリー残量表示が出ない。等々。。
無難な純正品にしておこうかなあ、とも考えていました。
だけどニコンさん、、純正高いよー!

最終的には人柱になる覚悟で互換バッテリ-購入に踏み出しました。

結果はズバり、買って正解でした!
数ある互換バッテリーからENEGONというブランドにしました。
類似品が多いので注意です。

以下写真付き説明です。
まずAmazon箱を開けると、、白い箱が一つ。
そこにバッテリー2個(各別の小さな箱入)
充電器
マイクロUSBの構成です。

純正品と比較してみました。
バッテリー用のキャップはどうやら無いようです。
要るか要らないかは正直どっちでもいいと思います。
外観は当然同一で、色と文字だけが違う感じです。

↑気になる出力は
純正: 7.2V 1230mAh  8.9Wh
互換: 7.4V 1500mAh  11.1Wh
数値では互換バッテリーの方が電圧、容量ともに大きいみたいです。
劣化が早いかどうかは使っていかないと分かりませんけど。

充電器です。
純正は家庭用100V用のACアダプターが内蔵されているので当然大きいです。
海外旅行へ行った時は正直言って邪魔ですよね。
USB出力のスマホチャージャー1つで色々充電するのが一番かさばらないと思うので、互換チャージャーの方が体積では勝ちですね。

裏面です。

気になる出力を見てみましょう。
純正: 8.4V 0.9A

互換: 8.4V 0.8A

ほとんど同じですが互換の方が低出力なので、充電時間は遅いがバッテリーには優しいのかもしれません。
ただ注意したいのは入力が5V 2Aだという事です。
モバイルバッテリーで出力が1Aと2Aある物を見かけますが、家庭用としてはタブレット用等の充電器が2Aとなります。
おそらく1Aの物で充電すると、かなりの時間がかかると思います。

充電中の感じです。
セットすると赤→充電完了で緑 セットしないときは赤と緑が交互に点灯します。
純正だと5本ある端子が2極しかないのも気になりますが恐らく問題ないでしょう。
気になる方は純正で充電が一番良いかもしれません。

では早速 Nikon D5600に入れて動作確認してみます。
ディスプレイ右上の電池マークはしっかり表示されているのが分かります。
起動した時も、エラーや保証がどうのこうの聞かれることはありませんでした。
数枚撮ってみましたが何の問題もありません。

iPhoneとリンクした時の表示にも残量表示はしっかりと出ていました。

使ってみた感想ですが、不安だったポイントは何一つ問題無かったです。
初期不良であればAmazonを通して無料で交換してくれますし、故障したら販売側も18か月の保証と書いてありますので安心ですね。
5600で動いたので、5500とか他の5000番系でも動くと思います。

飛行機に乗る時は、予備バッテリー等(リチウムイオン)をスーツケースに入れると没収されてしまいますので、くれぐれも機内に持ち込むようにお願いします^^

ではでは

-DIY

© 2020 Hirow Powered by AFFINGER5